​着る人のこころも体もいたわる

コットンニット

さくらコットンは、

奈良県の大和盆地の南西部

葛城とよばれる地域で育てた綿を紡いで

仕立てた衣類です。

江戸時代

雨の少ない大和盆地では

今年はこの田んぼには水を張って米を育て

来年は水が少なくても育つ綿を育てましょう

という風に

年ごとに米と綿を交代で栽培する工夫がなされ

そして綿の産地になったとのことです。

やがて綿から大和もめんが織られ、

現在のニット産業へと発展しました。

綿畑のある風景は

この地域が工夫し育ててきたものの

一つのシンボルです。

2007年に大和高田市で綿栽培が復興され、

今は葛城地域に綿畑が広がっています。

ここで収穫された綿だけで紡いだ糸を

ここに伝えられてきた職人技によって

着る人をやさしく包む

心地よい衣類に仕立てること

これが さくらコットンの願いです。

綿畑と二上山.jpg

運営スタッフが、さくらコットンに関する

日々のできごとを綴っています。