奈良盆地は江戸時代に

“大和もめん”の産地として栄えました。

そして現在、無農薬、有機肥料、

収穫は手摘みという

手間ひまかけて大切に育てられた

コットンのみで紡いだ糸を使い

大和高田市の会社が

丹精込めて仕上げています。

“奈良さくらコットン”は

肌へのやさしさを追い求めた

コットン製品です。

まちの誇りである

高田川の桜並木にちなみ

さくらコットンと名付けました。

​ 🌸綿畑では綿の花が満開です。
    可憐な綿の花の写真をブログに掲載しています
 🌸綿の花の観察と糸紡ぎの体験イベントを開催しました
​    イベントの様子をブログに掲載しています
 🌸奈良県下市町の丹生川上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)で社殿が修復され、
  新調された御神坐(おしとね)に奈良さくらコットンの綿が使われました
   詳しくはブログをご覧ください
 🌸奈良さくらコットンの取り組み紹介
  奈良県産の綿でつくる奈良さくらコットンを持続させていくため、新たなブランド開発を検討しています 
 
   

  

綿畑と二上山.jpg

運営スタッフが、奈良さくらコットンに関する

日々のできごとを綴っています。

​(C)奈良さくらコットン